【WordPress】海外の無料テーマを使用してサイト制作をする際の注意点

【Wordpress】海外の無料テーマを使用してサイト制作をする際の注意点

どうも、沖縄のニートです。

最近、たまにwordpressを使ってウェブサイトを構築することがあるんですが、大抵海外の無料テーマを使って構築しています。だって、日本のイケてるテーマは大抵有料だし、有料じゃない奴はビジネス向きじゃなかったりするので使いづらいんですよ。

有料買えばいいじゃんって思う方もいらっしゃるかもしれませんが、有料テーマに使うお金があるくらい儲けが出れば良いんですけどね、そんなに甘くないんですよ、はい(^q^)

まぁ、海外のテーマってクオリティも高いし、テーマによっては非常に汎用性・カスタマイズ性の高いテーマもあるので無視できないんですよ。しかし、海外のテーマを使うときはちょっとばかし面倒くさいことになったりすることもあるんです。

というわけで今日は、その点について語っていこうと思うよ!

スポンサーリンク

1. 欠陥だらけかも知れないという可能性

国内のwordpressテーマもそうだと思いますが、実際に使ってみるとバグが多くて使いものにならないことがあります。

例えば、いつも使っているプラグインを導入しようとしたらコンフリクトを起こして使えなくなったり、でもサイトのようなレイアウト以外のカスタマイズをしようとするとめちゃくちゃ崩れてしまい、ゼロから作ったほうが早いというレベルのテーマがあったり、結構厄介なテーマが多いです。

初めて使う海外のテーマは、どこかにバグがあると思いながら構築しておかないと、完成した後に厄介なバグに見舞われて泣きを見ることになるので注意しましょう。

2. 英語がわからないと仕様を理解しづらい

そもそも、海外のwordpressテーマはメニュー等が全て英語なので、敷居が凄く高いです。

優しい人が使い方を記事にしているテーマであれば、何となく使うことが出来ますが、海外テーマの使い方を日本語で記事にしてくれている人なんてごく僅か。大抵は自分の力で調べながら仕様を理解していかなければなりません。

まぁ、英語が全然わからなくてもGoogle翻訳をフル活用すれば何とかわかるものなので、大抵何とかなります。

根気さえあれば。

3. デモサイトの出来に騙されるな

海外のwordpressテーマって、とにかくデモサイトの出来が良い!!いや、冗談抜きで。

でもあら不思議!テキストが日本語になったりサイトに使うモデルさんが日本人になった瞬間凄まじい勢いでダサくなります。

モデルや写真に関しては仕方ないにしても、テキストが違うことによるデザイン性の違いというのは顕著に現れ、でもサイトと同じように作ったつもりが『あれ、何このコレジャナイ感……』ってなることは日常茶飯事。

そうならないためにも、デモサイトを確認する時点で出来上がりを想像するようにしましょう。そうすれば【多少】はコレジャナイ感の可能性を減らすことが出来ます。

4. とにかく実際に使ってみること

どのテーマにもいえることですが、やっぱり実際に使ってみることがとても大切です。

それに、汎用性の高いテーマを1つ使いこなせればサイト制作の効率とバリエーションが一気に増えるので、とりあえずどれか1つ『コイツの使い方なら誰にも負けねぇ!!』っていえるようなテーマを見つけておけば何とかなるよ!

ちなみに僕はそんなテーマないですけどね(白目)

5. まとめ

ネオニート
Wordpressテーマってイケてるテーマ多いから楽だよね
ケンヂ
まぁそれを使いこなせればの話だけどね、あと制作会社だと中々使わせてくれないこととかあってマジFxxkって思うことがあるよ

それじゃー!

スポンサーリンク

シェアしてくれたら凄く喜びます(*‘ω‘ *)ナンデモシマスカラ!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です