イラッとする事にウンコ我慢してる事を前提にしてみたら未来は明るくなる

イラッとする事にウンコ我慢してる事を前提にしてみたら未来は明るくなる

どうも、沖縄のニートです。

皆さんは日常のちょっとしたことにイライラすることってありますか?僕は割とあります。

特に僕が住んでいる沖縄は車社会で、とにかく運転マナーが悪い人が結構いるんですよ。

車を運転する上で避けられない障害なわけですが、実際にいきなり割り込まれたり危険運転をされるとヒヤッ&イラッという気持ちがこみ上げてきます。

ですが、ある時を境に考え方を変えたため、それ程イラッとする事がなくなりました。

その考え方とは

危険運転をしている人はウンコが漏れそうで我慢しているからそうせざるを得ない

と考えるようになったのです。

例えばですよ

すごいスピードを出してる車
ブンブーン(^q^)
ケンヂ
( ˘ω˘)あっ、アイツウンコ漏れそうだから急いでコンビニ探してるんやな
いきなり割り込んでくる車
ウェイウェーイ(^q^)
ケンヂ
( ˘ω˘)あっ、あまりにもウンコが漏れそうになってて正常な判断力を失っているのか……仕方ないな
煽り運転をしてくる車
オギャギャギャ(^q^)
ケンヂ
( ˘ω˘)あっ、コイツ既に半分ウンコ出てる状態のやつや、しょうがないから譲ったろ

みたいな感じで、大抵の奴らはウンコ漏れそうになっているという事にしておけばイラつきよりも哀れみが先にこみ上げてくるので、自分の気を散らさず運転に集中することが出来るというわけです。

勿論、この考え方は他の出来事にも応用できます。

スポンサーリンク

ケース1:会社で上司に理不尽な理由で怒られた場合

会社勤めをしていると、あまりにも理不尽な理由で怒られてしまうことがありますよね。しかし社畜としてはただぐっと我慢して耐える事も必要です。

そんな時はこう考えましょう。

ウンコ我慢してる上司
(^q^)貴様何のつもりだぶちころしますよ
ケンヂ
( ˘ω˘)すみません(コイツ会社でトイレするとウンコマンっていわれるのが怖くてウンコ我慢しとるな、だからこんなキレやすいんや)

という風に脳内変換してしまえば、怒られても話を右から左へ聞き流すことが出来ます。

ただ、自分の失態で怒られてしまった時は真摯に向き合いましょうw

ケース2:姑・小姑に小言を言われた場合

結婚して夫の実家に顔を出すようになると、運が悪ければ口うるさい姑や小姑に巡りあってしまう可能性がありますよね。そういう時はこう考えましょう。

BBA
(^q^)ケンヂさん、あなたはどうしてニートなの
ケンヂ
( ˘ω˘)すみませんお義母さん(こんだけ歳取ってたら膀胱も緩むやろし、漏れを我慢してまともな考えできなくなるやろから我慢したろ)

こういった問題が起こってしまった場合は、気にし過ぎないor夫に全てをぶちまけるor夫をブチのめすor姑と戦争で解決するので好きな方を選んで解決しましょう。

結論

イライラする事は全部ウンコに紐付けたら未来は明るい。

馬鹿らしいと思うかもしれないけど、この考えを取り入れるだけで少しでもイラッとする場面を無くせるなら、それだけでも有意義なことではないだろうか。

というわけでウンコしてきますね。

それじゃー!

スポンサーリンク

シェアしてくれたら凄く喜びます(*‘ω‘ *)ナンデモシマスカラ!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です