【朗報】僕の考えた最強のニートブランディングが効果を現しはじめたよ

僕の考えた最強のニートブランディングが効果を現しはじめたよ

どうも、沖縄のニートです。

ニートとは言いつつも、実はたまにはフリーランサーとして働いていたりしますが、概ねニートなので常にニートだということを口にしているんですが以前書いた記事の中でこんなことを書きました。

最近はニートをブランディングしようと思うまでになってきた

それからというもの、僕は意識的に自分がニートであるということを念頭に置いて情報を発信してきました。

その結果、とある記事が【沖縄 ニート】というキーワードで上位表示しちゃったんですよ。

その記事がこちら。

ニートが沖縄最凶のIT企業にお呼ばれされた結果wwwww
どうも、沖縄のニートです。 過ぎた4月13日。僕はとあるIT企業に呼ばれました。 事の発端はその日よりも更に5日前、Facebook...

株式会社レキサス&オキナワアイオー&ニートの対談記事なんですが、これが対象のキーワードで上位表示されるようになりました。

最強のニートブランディング

ネオニート
遂にニートの時代がやってきたようだな……
ケンヂ
あぁ、沖縄のニートといえばケンヂいわれる日も近いな……!

ここまで来ると更に力を入れたくなってくるところですが、恐らくこの記事を見ている人は『何でコイツはここまでニートにこだわるんだ』なんて思っていることでしょう。

答えは簡単。

僕は(稼げる)ニートになりたいんです。

稼ぐ事とニートって対極の位置に属していると思われがちですが、それは個人的見解の問題で、さらに正確に説明すると僕は【ネオニート】になりたい。

ちなみにネオニートとは

ネオニートとは「ニート」の派生語の一つ。ニートのようではあるが一定以上の収入を得ている者のこと。

『親より稼ぐネオニート』によると、バブル崩壊後、就職氷河期によって厳しい雇用環境下に置かれた若者の中から、企業へ就職することを諦め、自営活動を行い、親や同世代以上の年収を稼ぐようになった成功者たちを「ネオニート」と呼んでいる。

出典:ネオニート – Wikipedia

という意味合いの言葉で、ニートっぽいけどニートじゃない人ってことなんですね。詰まるところ今の僕が目指す到達点でもあります。

傍から見ればあまり良い印象は無いかもしれませんが、そこに行き着くまでにはそれなりに努力しなければならないし、簡単なことではないです。

だがしかし!僕はネオニートになりたい!誰に何をいわれようと!( ゚д゚ )クワッ!!

そこに行き着くまでは凄く遠い道程ですが、とりあえず今は諦めずに挑戦し続けます。

そう、ケンヂの冒険はまだ始まったばかりなのだから……。

男坂

ネオニート
完全に未完で終わりそうなフラグ立ちましたけど大丈夫ですか?
ケンヂ
(多分大丈夫じゃ)ないです。

それじゃー!

スポンサーリンク

シェアしてくれたら凄く喜びます(*‘ω‘ *)ナンデモシマスカラ!!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です